インターネット回線 遅くなる理由

インターネット回線遅くなる理由はコレだ!

 

インターネット光回線を利用している時に、通信速度が遅いと感じてしまうことがあります。
この通信速度が遅くなることは、お住いの地域や環境によって左右されてしまうものなので、一概には言えませんが、原因はあります。

 

なので今回はインターネット光回線が遅くなる理由について解説します!

 

インターネット光回線が遅くなる理由

インターネット光回線の通信速度が遅くなる理由は様々な要因があります。
では一つずつみていきましょう!

 

時間帯が原因

 

インターネット光回線を栄養している時に、通信速度に不満がない時と、遅くて不満があるときの差があったりしませんか?
それは時間帯によって怒ってしまうことかもしれません。

 

インターネット回線というものは、高速道路で例えることができます。

 

高速道路は快適に走ることが可能な道路なのですが、利用者が増えるとぶつからないように速度を落としますよね?
もっと込んでくればもっと遅くしますよね?

 

つまり、利用者が増えれば増えるほど速度が遅くなります。

 

インターネット光回線もこれと同じです。
混雑する時間帯、つまり利用者が増える時間帯にインターネット光線を利用すると通信速度は遅くなってしまします。

 

プロバイダーが原因

通信速度が遅くなる原因の一つにプロバイダーが原因というパターンもあります。
これは、有名どころではあまりない現象ですが、体感的に遅くなってしまうということがあります。

 

OCNはバックボーンを公開している珍しいプロバイダーで世界一とも言われてるプロバイダーで、このようなところは問題ないのですが、名前をあまり聞いたことがないようなプロバイダーでは、通信速度が遅くなる場合があります。

 

なので、特にフレッツ光の光コラボを利用している場合で、有名ではないプロバイダーを利用している場合は注意してください。

 

マンションの配線

インターネット光回線が遅い理由にマンションの配線が原因の場合があります。
多くのマンションの配線はVDLS方式といって、これはアナログの配線を無理やり光回線で利用できるようにしているものです。
元は電線ですからね。
なので、この場合の通信速度は最大100Mbpsになり、しかも電波の干渉を受ける場合があります。
これは個人ではどうすることもできない問題です。

 

通信速度を早くする対策

インターネット光回線の通信速度を早くする対策について解説します!

 

NURO光を利用する

NURO光は通信速度が下り最大2Gbpsのインターネット光回線です。
なので根本が速いですね。
これを利用すれば通信速度が遅いということを考えなくてすみます。

 

通信方式v6プラスを利用する

通信方式v6プラスは簡単にいうと利用者が少ない快適なインターネット光回線です。
従来の光回線の通信方式はIPv4なので利用者が多く、混雑しやすいです。

 

なので、利用者が少ない通信方式でインターネットを行えば速度が速くなるということですね!

 

まとめ

 

インターネットの通信速度が遅くなる原因は様々な理由があります。
これは通信速度が速い光回線を利用すれば解決することなので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>トップページへ

page top